もっとお店の顔にこだわりたい

お店の正面にかかる一枚の布を、お店とお客様との初めての接点ととらえ、
そこに精一杯のおもてなしを、熱い想いを込めて伝えたい。
そんな皆様へ

のれん

のれんは、まさに「お店の顔」その1枚でお店の第一印象を決めてしまうチカラがあります

お店のファサード、インテリアに合っているか、お客様にどう感じてもらいたいか、さらに、かける場所などの条件を考えながら、こだわりの一枚を選びます。
1800×600mm(3巾) 

のぼり

メッセージをダイレクトに伝えるのぼりを効果的に使いましょう

一瞬で道行く人の目をひくことができるのぼり。既成の文字だけのものよりデザインされたもののほうがより見られますし、しっかり伝わります。

日よけ幕

大きな面を利用して、看板として置いたり商品をアピールしたり。雰囲気を重視しながらしっかり伝えたいときに。
1350×1700mm

タペストリー

場所もサイズも選ばないのでイベントなどでも大活躍。アクセントにしたり、限定的なキャンペーンの告知など様々な用途に。

付属品

雰囲気を演出するために欠かせません。

こだわりと特徴

デザインにこだわる デザインにこだわる

品質にこだわる

品質も、お店の顔を決める大切な要素。
染めから縫製まで細部にも手を抜かない確かな手仕事で、顔にふさわしい一枚に。

生地のこだわり

風になびかれる様子
光に当たる様子
生地の持ち味を活かしきる

染めのこだわり

伝統技術と最新技術を
持ち合わせ、味わい深さや
奥行きまでも表現する

仕立てのこだわり

見た目を左右する仕立て、
実用性も兼ね備えなければ
ならない使命

付属のこだわり

こだわりの一枚を
最も美しく見せるために
良いものを選びたい

ブログ

  • のれん
  • 楽屋のれん(暖簾)
  • 花のれん 楽屋のれんは、「花のれん」ともいわれます。 山崎豊子の小説「花のれん」は、吉本興業創業者・吉本せいをモデルにした小説で、「花のれん」が印象的に描写されています。 ...
  • のれん
  • 初めての のれん(暖簾)
  • お店の顔では、今までのれんを掛けたことがないお客様にもご提案し、ご購入いただいております。 今回、のれんを新たに掛けていただいたお客様の事例をご紹介したいと思います。 のれんを掛けるため...
  • のれん
  • 企業のれん(暖簾)をおすすめします
  • 検索ワードに 「企業 のれん」と入力してみると、 検索結果のほとんどが、会計用語の「のれん」の説明だと思います。 以前に本サイトのブログでも紹介しました内容です。 でも今回...
  • のれん
  • オーダーメイドのれん(暖簾)で簡単リニューアル
  • 夏に向けて 長かったコロナ禍もようやく出口が見えつつある2023年。外出する機会が増え、GWはあちらこちらでたくさんの賑わいがみられました。 人々の動きは、これから夏に向けてます...

ご注文の流れ

  • 1注文
  • 商品一覧よりご希望の商品ページのオプションを選択し「カートに入れる」をクリックしてください。
  • 2お支払い
  • クレジットカードまたは銀行振込にて支払いできます。注文確定メールを送りますのでご確認ください。
  • 3制作
  • お支払いが確認出来次第制作をスタートします。通常の仕様であれば約2週間程度で完成します。
  • 4納品
  • 商品が完成すると、佐川急便にて発送します。送料に関してはご利用ガイドをご覧ください。
のれん、日よけ幕、のぼり、タペストリーこだわりの「お店の顔」ご要望承ります のれん、日よけ幕、のぼり、タペストリーこだわりの「お店の顔」ご要望承ります